禁煙外来の成功率の罠…医師たちは誤った禁煙方法で患者に治療している

スクリーンショット 2015-06-04 20.38.44
岡本です、

禁煙外来はタバコをやめたいなら絶対に行くべきではありません。お金のムダになります。

禁煙外来とは?どんな治療をしているの?

禁煙外来とは、病院で禁煙補助薬を使って治療していく方法です。お医者さんのアドバイスを受けながら一緒に禁煙していきましょうという趣旨のものです。

「喫煙は病気です。だから病気とみなして病院で治療しなくてはいけません。」これが骨幹にある禁煙外来のマインドセットです。

喫煙は病気だから、病院で治すしかないのか

「喫煙は病気です。」…ここまでは僕も納得しています。ですが、「だから病気とみなして病院で治療しなくてはいけません。」の部分は大きく反対します。

「えっ…」

「病気は病院で治すのが普通でしょ」

と思うかもしれませんが、違います。絶対にムリです。

禁煙外来に看護の実習で研修したこともありますし、禁煙外来がどんなことをしているのかは理解しています。それも踏まえて、タバコから真の意味で解放された僕からすれば、禁煙外来で禁煙に成功することはまず不可能だと思います。

医師は禁煙させるプロではない

医師はそもそも禁煙させるエキスパートではありませんし、禁煙外来のシステムにのっとってカリキュラムをこなしてクスリを処方しているだけです。

僕がこのサイトでずーーーっと提唱している『一生タバコを吸いたいと思わなくなる禁煙方法』というところにフォーカスしているわけではありません。クスリで吸いたい気持ちをごまかしながら、1年間だけ耐えられれば「禁煙に成功した」としてデータを集計しているだけです。

病院や医師に対する権威性に弱い

スクリーンショット 2015-06-04 20.39.31
そもそも日本人、というか人間は権威性にめっぽう弱いです。白衣を着て、首から聴診器をぶら下げていかにもお医者さんっぽい格好をしている人から、病気のことについて話されてしまうとついつい信じ込んでしまいがちです。

先ほど述べた「喫煙は病気です。だから病気とみなして病院で治療しなくてはいけません。」という考え方はいかにも正しそうな考え方です。僕たちは、病院とか医者とかに対して絶大な信頼を寄せてしまいがちになります。病院へ行けばなんでも治してくれそうなイメージを持ってしまっているのです。

病院や医療や医師を過信しすぎている

僕も医療従事者なので病院のことや医療現場のことはある程度理解しています。そこからもわかるのですが、医者だって人間です。麻酔がかかって意識がない患者の目の前でイライラしながら悪口を言ったり、外国人やホームレスの人の前で人として最低なことを言いまくっていたりします。深夜に救急外来に来て、痛みで暴れる中国人に対して、「くそっ…こんな夜中にくるんじゃねーよ…死んじゃえばいいのに…」とつぶやいていた医者はいまでも覚えています。

医者もただの人間です。イライラもしますし、人格が未熟な人もいます。「医師=病気を治してくれる」は大きな間違いなのです。
そして何より医療がすべて正しいと信じ込んでしまっているのが大きな間違いです。人類の最大のミステイクです。

現代医療の基本は対症療法

現代にはびこる医学というのは基本的に対症療法です。血圧が高かったらクスリでムリヤリ下げようとしたり、ガンがあったら抗がん剤で健康な細胞もろともガン細胞を殺そうとしたり放射線で殺したりします。
風邪をひいて咳が出たら咳止めを処方したり、熱が出たら解熱剤で熱を下げようとしています。

症状に対してクスリを主として対処していくのが現代の日本の病院でよくやっている医学のアプローチです。

このアプローチを製薬会社から支援を受けて運営されている医大で6年間学んだ人たちが医師のライセンスを取得していきます。

彼らの中には、そんな対症療法の医学に対して疑問に思い続けている人もいると思います。ですが巨大な権力に抗うのは賢い選択ではないため、どうしても現代の主流である西洋医学的な治療から抜け出せないでいます。

本当は、風邪をひいたら咳は出るべくして出ています。熱を出して菌やウイルスをやっつけようとしているから体が熱を出しています。そこに対して、ムリヤリ熱を下げようとしたり、咳を止めようとしたりするのは人体としてはおかしなアプローチなんです。

高血圧の人も、血圧を高くしないと生命を維持できないから血圧を高くせざるをえないで身体が自動で高くしているわけです。それをムリヤリクスリで下げようとすると、余計に体に悪い影響を与えてしまいます。

そう、いろいろと長くなっていまいましたが、現代の医療や医師は、「病気」や「症状」のみにアプローチしています。肝心な『人間』に対して焦点が当たっていないのです。これが大まかな現代医療のミステイクなんです。根本的に免疫力をつけて風邪を予防したり、高血圧を生活から改善していくというアプローチはなかなかなされていません。

禁煙外来の治療はもはや治療ですらない

禁煙に関しても全く同じことが言えます。

『禁煙=病気』ここまでは反対しません。ですが、吸いたい気持ちを抑えようとして禁煙補助薬を使うのが間違っています。

根本的に、タバコに洗脳されてしまった脳を元どおりに戻してやらないと、絶対にタバコをやめることはできないのです。

つまり、禁煙外来でタバコをやめるのは適切な選択ではありません。

禁煙成功率が高い、などと謳われていますがそんなデータは怪しいものです。1年後にタバコを吸っていない人だけのデータだったりするのでその後に吸っている場合もあると思います。ウソをついて深刻している患者もいるかもしれません。

禁煙外来の医師は情熱もなければ知識もないという事実…

とにかく、このサイトにとっては禁煙外来での禁煙成功率という数字はどうでもいいのです。どうせ低いはずです。医者や病院の権威性を振りかざして適切にクスリを飲ませているだけです。それを「治療です」と言って優しいフリをして、あるいは何も知らずに人々からお金を頂戴しています。

患者は心からタバコをやめたくて禁煙外来に足を運んでいるかもしれないのに、最も頼るべきドクターにパッションがありません。というか、そもそも正しいやめさせ方を国ぐるみで勘違いして理解しているから、パッションがなくても当然です。

このサイトが提唱する禁煙方法は、そもそも「成功率」という概念自体が少しずれた考え方になります。

『タバコが吸いたい』と常に思い続けている、憐れにも洗脳されてしまった脳を元に戻してあげることが唯一の禁煙成功の道です。それ以外にフォーカスしている禁煙法は、たとえ権威性のある禁煙外来であっても残念ながら間違っているということなのです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、感想や意見をお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>