禁煙効果で1カ月にはどんなメリットを得られるのか

スクリーンショット 2015-06-06 6.48.11
岡本です、

禁煙して1ヶ月経ったのなら、もう肉体的にはニコチンは存在していません。

タバコをやめて1ヶ月後に効果を実感できるものはどんなものがあるのでしょうか。
僕が実際に体感したものをあげてみます。

禁煙1ヶ月後に実感できる効果

  • めまい、眠気などの離脱症状がなくなった
  • 口臭が気にならない
  • タバコが無くてもリラックスしていられる
  • 運動したくなる
  • ポジティブになる
  • 歯磨きのときに「オエッ」ってならない
  • 寝起きが気持ちよい

僕が実感したものはこのくらいです。人によって様々だと思います。良くある禁煙後の効果として他には

  • 肌が良くなってきた
  • 化粧のノリが良くなる
  • ご飯が美味しい
などとたくさんあると思います。が、僕自身が禁煙の効果を肉体的に実感したのは上に挙げたものくらいです。そこまで肉体的に劇的に変化したという実感はありませんでした。

それよりも何よりも、精神的にタバコへの依存がなくなったのが嬉しくてたまらなかったという感じです。

タバコをやめると肉体的にはすぐに回復が始まる

タバコによる肉体的な影響はじつは結構低いと言われています。

タバコを吸わないと手が震えたり汗が止まらなくなったりした経験はありますか?毒性の強い他の麻薬や覚せい剤などの離脱症状では、こんなように症状が身体に顕著に表れてきます。

ですがタバコを摂取することをやめただけでそこまで身体に現れることはありません。僕の経験からも
  • めまい
  • 少しの便秘
  • 少しの眠気
このくらいです。

フラッシュバックがあったりなどのひどい離脱症状が起こることはまずありません。

「タバコは肉体的な影響は大したことないなんて、信じられません。」

と思うかもしれませんが、それを示す良い証拠があります。

1 寝ている時にどうしてもタバコが吸いたくなって起きてしまうという経験はありますか?

僕はそんな記憶はありません。あなたもおそらくないと思います。

では、

2 どうしても吸えない場面、例えば飛行機の中や仕事中などはどうですか?

長時間になるとタバコのことを考えてムズムズするかもしれませんが、基本的にはガマンできていると思います。

3 仕事や読書や映画などに集中しているときはどうですか?

集中の真っ只中であれば、タバコのことなんて頭から離れているはずです。

これらからどんなことが言えるかというと、タバコを吸いたい気持ちは、ほとんど意識的なものだということです。寝ている時に吸いたくならないのが良い証拠で、肉体はそこまでタバコを求めていないということです。

禁煙の最大の敵は精神的なもの

肉体的にはタバコによる影響は低いのです。手が震えたり、汗が止まらなくなったり、フラッシュバックが起こったりするわけではありません。

禁煙して1ヶ月後なんて、肉体からはとっくにニコチンは消えて無くなっているのです。

でも現実には1ヶ月は禁煙できたけどそこからついつい吸ってしまう…という人が結構多いです。僕の周りでもよく聞きます。

肉体的にはニコチンはとっくにいないはずなのに、どうしてこんなことになってしまうのでしょうか。

それは、タバコの最大の敵は『脳に取り付いている洗脳』だからです。

つまり精神的に取り付いているタバコの悪魔を取り除かないと、いくら肉体的にはニコチンが抜けたとしてもまた吸ってしまう人生が待っているということです。

禁煙を阻害するタバコの大きい悪魔と小さい悪魔

これは『禁煙セラピー』で使われている表現をそのまま使わせてもらうのですが、タバコには2種類の悪魔がいると認識します。

一人目が小さい悪魔

これはあなたの肉体に取り付いて、「タバコを早くよこしてくれ!」とチクチクと突っついてきます。禁煙して2週間くらいは、タバコが吸いたくてムズムズしてしまうと思います。これはこの小さい悪魔が死ぬ間際に最後のあがきをしているということです。ですが小さい悪魔は2週間〜1ヶ月もすれば消滅します。

二人目の悪魔は大きい悪魔です。

こいつはあなたの脳を洗脳します。
  • 「タバコを吸わないとやっていけない」
  • 「タバコは美味しい」
  • 「タバコは楽しい」
  • 「タバコをやめるのは難しい」
などと、たくさんのタバコに対する幻想を植え付けてきます。この大きい悪魔がとても厄介で、こいつを脳から完全に取り除かないといけません。

でないと1ヶ月やめても1年やめても、いつかまた次の1本を吸ってしまうことになってしまいます。

「もう大丈夫だと思ったけど、ついつい1ヶ月後に吸ってしまったよ…」というよく聞く禁煙の失敗パターンは、この大きい悪魔の仕業によるものです。

1ヶ月もすれば小さい悪魔はとっくに消え失せてるはずなのに、大きい悪魔の洗脳から抜け出せていないおかげでついついまた吸ってしまうというのが、人々にとって禁煙が難しいとされる正体です。

一生タバコが吸いたくなくなるような幸せな状態の大前提として、この大きい悪魔による精神的な依存を取り除かないといけないということです。

大きい悪魔をやっつけないと、禁煙後1年後も5年後も一緒タバコをガマンし続けてしまうはめになってしまいます。

禁煙後1ヶ月もすればもう肉体的にはニコチンは消え失せて大丈夫なんです。
大切なのは、あなたの脳に取り憑いた大きい悪魔をやっつけることです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、感想や意見をお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>