禁煙と意志の力について

shutterstock_92083067
岡本です、

今回は結構リラックスした僕の過去の話です。

でも、”禁煙に意志の力は関係ない”ということがよく理解できるかと思います。
もしよければ、気軽に読んでみてください。

肩身の狭かったスモーカー時代…

僕が21歳の頃、自衛隊でスキー訓練をよくやっていました。

その中でもバイアスロンという競技をやっていました。クロスカントリースキーと射撃です。いわゆるマラソンのように走るスキーです。自衛隊の中でもその競技の訓練だけに集中することができる”訓練隊”というところに所属していました。

訓練隊はけっこうハードで、スキーして給料もらっているようなものだから半分スポーツ実業団のようなものです。
毎日数時間走り続けたりして、マラソンと同じように持久力がメインのスポーツです。

妥協を許さないような先輩たちばかりで、僕はついていくのもいっぱいいっぱいで”ヒーヒー”していました。

持久力がものをいうアスリートの集団なので、当然私生活にも干渉されてきます。

僕は実力がないくせにタバコを吸うものだから、やめろやめろとよくチクチク言い続けられていました。カンタンにいうと、意識の高いアスリート集団なので、タバコを吸うような雰囲気ではなかったのです。

そんな中、ある一人の先輩がいました。「シノさん」というあだ名なのですが、お調子者で少しバカっぽいような先輩でした。根性もあるようなタイプではなくサボりぐせも少しあるような人間で、決して意志力の強い人間ではなかったと思います。

そしてそんなシノさんも、訓練隊の中の数少ない喫煙者の一人でした。僕よりはスキーは早かったのですが、タバコを吸うのでそこはあまり良く思われていなかったと思います。

なんかヘラヘラしていて、思慮が浅いというか、人間に深みがないような先輩でした。(もはや悪口みたいになってしまっていますが)

ですがそのシノさんも、ある時ピタッとタバコをやめました。その時僕はまだタバコを吸っていたので、「えっ!シノさんでもやめれるのか!」と半分小バカにした感じでビックリしていました。

「どうせまた吸うんだろ」と周りからも言われていたし、僕もそう思っていました。
ですがそれからシノさんがタバコを吸うことはありませんでした。

たまたまこの前5年ぶりくらいに彼の話を聞いたのですが、やっぱりノンスモーカーのままのようでした。どうややら僕と同じく『禁煙セラピー』を読んで禁煙に成功したようです。

禁煙に意志の力や人間性は関係ない

タバコに意志の力は関係ありません。人間性も関係ありません。むしろ意志が強く、優秀な人間の方がタバコを吸っている印象が僕にはあります。この意見に共感してくれる人間も結構いるんじゃないかな、と思ってます。

シノさんは、どう考えても意志力はない感じてす。(また悪口みたいですが笑)しかし反対に、過酷な訓練に耐えれて、誰からも賞賛されるようなタフネスと人間性を持った人で、未だにタバコをつまらなさそうな顔で吸い続けている人もたくさんいます。

シノさんや僕は、しっかりと『禁煙セラピー』のメソッドにのっとってタバコのしがらみから自由になることができました。

これが薬に頼った禁煙外来や、代替品に頼った禁煙方法などでタバコをやめようとしていたらおそらくすぐに失敗してしまいます。

『禁煙セラピー』をはじめ、僕の運営するこの”ネオ禁煙セラピー”で推奨する以外の禁煙方法は意志の力に頼るところが大きいのです。

そして意志の力ではタバコは絶対にやめられません。

タバコは、どんな人にでもやめることができると僕は思っています。意志が弱くても根性がなくてもズルくても、どんな人でもです。(シノさんのことじゃないですよ)

正しい方法さえ実践すれば、どんな人でもやめられます。

だからどうか”ネオ禁煙セラピー”で言っていること”だけ”を信じて欲しいと本気で思っています。

そこらじゅうで検索すれば出てくる禁煙サイトは、本当に9割のサイトが間違ったことを言っています。ホンモノは1割くらいです。”ネオ禁煙セラピー”は、そんなホンモノのサイトの中の1つです。

だからどうか、ネオ禁煙セラピーを信じて正しい禁煙を実践してみてください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、感想や意見をお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>