タバコは一生の友達。そんなことを思っているあなたへ。

スクリーンショット 2015-06-17 22.19.02
岡本です、

タバコは好きですか?

つらい時も苦しい時も、あなたの側にいて荒んだ気持ちを癒してくれる。
タバコのことをそんな風に思っているかもしれません。

ですが実は、それはウソです。幻想です。

タバコは疑いようもなく、あなたにとって(全人類にとって)敵です。
あなたにとって最高のパートナーのふりをしておいて、最もひどい裏切りを働く敵なんです。

今回は、そんな事実を理解してほしいと思って書いています。

”タバコは一生のパートナー”

そんなふうに心から思っている場合も、どうか心を鎮めてゆっくりと読んでみてほしいと思います。

きっと、あなたのタバコに対する考え方がガラリと変わると思います。
そしてそれこそが、あなたがタバコをやめるきっかけになるかもしれません。

タバコは体に害であり、あなたにとって敵である。という事実。

『タバコは自分にとって敵である』という事実を認めることでタバコが欲しいという気持ちはすっかりなくなります。
「いつになったらタバコを恋しく思わなくなるだろうか…」と心配することもなくなります。

タバコはあなたにとって敵です。

あなたの脳を乗っ取り、「お前にはタバコが必要だ」とマインドコントロールをかけて洗脳しようとします。

身体にもかなりの害があり、ガンを始めとした様々な病気にかかるリスクが激増します。

経済的にも結構な負担です。1年で10万円以上を浪費しながらあなたの身体を痛めつけています。

タバコを吸うという行為は、緩やかな自殺をしていることと全く同じ行為なんです。

こんなにデメリットだらけのタバコがあなたの友だちであるはずがありません。

それどころか友だちのふりをしてあなたをじわじわ殺そうとしている、最低最悪のヤツなんだということをフラットな目線で見直して見て欲しいんです。

タバコは自分を成長させてくれるパートナー?

僕もかつてはタバコのことが大好きで、友だちだと思っていました。大切なパートナーだと思っていました。

若かりしころに吸っていたときは特に重要なパートナーだと信じていました。

イケてるメンバーの仲間に入るための重要なツールであり、タバコによって自分が大人になってカッコよくなったような気分にさせてくれました。

タバコは勇気と自信をくれて、集中力やリラックスをもたらしてくれる大切な友だちだと勘違いしていました。

その最悪の友を断ち切ることによって自分の自信になったのは事実です。

そういった意味では、今でもタバコは良きライバルといったところです。僕にとってはタバコによって成長させてくれた部分もあります。

しかし、だからと言ってタバコをやめない理由にはなりません。
タバコをやめようとしない人たちは、シンプルにタバコという大切な友だちを失うのが怖いんです。

だからこそ、タバコ=友達という考え方さえ変えてしまえば禁煙にチャレンジするきっかけになると思うのです。

禁煙してしまったら、心にポッカリと穴が空いてしまうんではないかと不安で怖いから、現実を直視しようとせずにタバコをやめようとしないんです。

想像している世界とは違って、実際にはタバコをやめるとメリットだらけの世界が待っています。

自分に自信が持てて自己嫌悪感もなくなり、どんなことにでもチャレンジしていける自分に出会えます。

経済的にも精神的にも肉体的にも良くなることは間違いありません。

タバコをやめると心に虚無感が生まれてしまうのではないか…と思うかもしれませんが、それは本当の虚無感とは違います。ですが本人が本当にそう思ってしまえばどうしても虚無感を感じてしまいます。そうなれば本当に生活に支障をきたすことになってしまいます。
虚無感とは、誤った認識からくる幻想でしかないんです。

タバコは敵だと素直に認めることが禁煙へのカギ

タバコは敵だと素直に認めてしまえば、嘆く必要はまったくありません。心にポッカリと穴が空くこともありません。タバコをやめることができたと一生喜び続けることができます。

禁煙できない人は、世間はタバコ企業の広告や周囲の人たちの誘惑で溢れているように感じてしまっています。

「誘惑だらけでタバコをやめるのはかなり難しいよ!」と嘆いてしまっていると思います。

ですが『タバコは自分の敵』だと素直に認めさえすれば、周囲の喫煙者や広告など、それらの事象は誘惑とは思わなくなります。

何かを犠牲にすると思っているからみんな禁煙に失敗したり、そもそもチャレンジしようとすらしません。

禁煙は、実は何も犠牲にしません。それどころか得るものばっかりです。

そしてその得るものは人生で最も大切なものばかりです。

ぜひ心を開いてタバコに対する幻想を打ち破り、禁煙を成功させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、感想や意見をお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>