病院の禁煙外来では必ず失敗する理由。そしてその成功率の落とし穴。

外来
岡本です、

実は僕は、医療従事者です。

だから一般の人よりは健康や医療には少し詳しいところがあります。

それとは別に、健康などにもかなり関心があるので
けっこう日々勉強しています。

まあそれは置いておいて、准看護師の学生のときに
病院の禁煙外来にインタビューというか、取材にいったことがあります。

そんないろいろな経験をした上での結論なのですが、
残念ながら真の意味で禁煙外来でタバコをやめることはまずもってムリです。

もちろん、禁煙外来によって一定期間タバコをやめるということは可能かもしれません。
ですが病院の禁煙外来の方法では、このサイトで何度も言うように
タバコがほしいままタバコをただやめているだけの状態になってしまいます。

病院は権威性を振りかざしている

病院とか医者とかっていうのは、日本においてとても信頼されています。
権威性がとてつもなく高いです。

「病気になったらまずは医者だ」という感じで病院や医者にかかる人が大半です。

なので禁煙外来とか、病院の禁煙に関するサイトを眺めていると
いかにも正統派な雰囲気を出しています。

綺麗なホームページのデザインで、
「正しく禁煙するためには病院に受診する必要がありますよ」
と丁寧に説明しているようです。

ですがそのサイトのコンテンツにはがっかりしてしまいます。

病院や医療や医師の権威性だけを振りかざして、
でたらめばっかりのたまっているのです。

もう一度言います。
でたらめばかり言っています

「喫煙は病気だ」この考え方まではけっこう正しいと思います。

ですが病院における禁煙外来の最大のポカは、
「だから病院にかかってしっかりと治療しなくてはならない」と主張しているところです。

薬を使用するアプローチの時点で禁煙は失敗している

「喫煙は病気」は僕も賛成です。

タバコによって生活をコントロールできない
”タバコ症候群”という精神疾患だと捉えるのがわりとしっくりきます。

そしてそれに伴う各種臓器の汚染、機能障害といった病気
という感じが「タバコを吸う」という状態です。

ですが、病院のクスリによって直すというのはてんで間違っています。

高学歴で、努力を重ねに重ねてきた大の大人、
しかも大人の中でもかなりのエリートであるはずの医師が
こと禁煙に関しては大きな間違いを犯してしまっています。

ですがムリもありません。

禁煙外来の医師も、タバコをやめたことのない人がほとんどです。

スモーカーの気持ちを理解できなくても無理がありません。
むしろ、禁煙外来のドクターなのに自分はスモーカーだなんてことも多いみたいです。

だから医者たちを攻め立てるのは少し違います。

超強力なバックボーンである医学会・製薬業界が勧める
禁煙に適した医薬品が存在するということなので、
それを一人の人間である医師が断れるはずもありません。

彼ら医者たちは、自分の脳で考えることもなく
大規模な製薬業界がプッシュするクスリをオススメしています。

苛立ちますが、医師や病院の世界なんてそんなものです。

禁煙外来の成功率の落とし穴

厚生労働省だったり、なんとか協議会が調査した結果では
治療後に少なくとも1ヶ月以内にタバコを吸ってなかった人はおよそ80%前後、
1年以内にタバコを吸っていなかった人は80%くらいとされています。

悪くはなさそうな確率です。

一見、悪くはなさそうな禁煙成功率に見えますが、
実際のところはこんなデータはなんの参考にもなりません。

それには理由があります。

理由1:ウソをついて申告している可能性もある

なんとなく他人を裏切りたくなくてウソついて申告しているかもしれませんし、
1年と1ヶ月後にはもうタバコを吸い始めているかもしれません。

喫煙者はウソつきなことが多いです。

失礼な言い方で怒られるかもしれないので補足しますが

普段は誠実で真面目で賢くて、ウソをつかないような人格の人でも、
ことタバコのことになると平気でウソをついたりすることがあります。

それは意志や人格の問題ではなく、
「タバコが脳を洗脳してウソをつかせている」という状態なのです。

理由2:どこまで長期的に調査をしているかはわからない

禁煙成功率の調査は、おそらくある一定期間以降の調査はしていないはずです。

あるボーダーラインを越えたら(例えば1年以内)「うん、禁煙成功だね!」と判断して、
そこで終わりになっているかもしれません。

そもそもこれらのデータは”禁煙継続率”という言葉も使っています。

”禁煙継続率”です。

この言葉、どう思いますか?

僕はこの言葉を見た瞬間、ガックリきました。

禁煙に継続もクソもありません。

10年吸わなかったとしても、そこで1本吸ってしまうような
心構えの時点でただの喫煙者です。

このように、薬でタバコをやめようとして
タバコに対する脳への洗脳を解こうとしないアプローチの病気禁煙外来では、
成功する確率は極めて低いのが目に見えてわかります。

1年くらいガマンし続けてタバコを吸わないでいる確率なら40%はあるらしいのですが。

真の意味でタバコから解放されるには
クスリでムリヤリにタバコを吸いたい気持ちを抑えるアプローチではいけません。

脳の悪い洗脳を解かない限りは
どうやってもタバコをまたいつか必ず吸いたくなってしまいます。

禁煙外来はそこらへんがなぜかわかっていません。

頭が良いお医者さんたちがたくさんいるのに、製薬会社が儲けようとして
僕たちに本質的な禁煙をさせないようにクスリ漬けにしようとたくらんでいるのです。

最後の一文は、信じるか信じないかはあなた次第ですが。

とにかく病院の禁煙外来が推奨する禁煙方法は、非常に本質的ではないということです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、感想や意見をお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>