人類を最も殺している殺人麻薬”タバコ”と死因順位の隠された真実

殺戮
岡本です、

タバコは麻薬です。

つまり喫煙者は麻薬中毒ということになります。

「そんなことはない!タバコは嗜好品だ!じゃなきゃ普通に買えるわけないだろ!」

と、怒り出す人もたくさんいると思います。

ですが、タバコは麻薬なのです。
しかも、コカインやヘロインや、MDMAや脱法ドラッグなんかよりも
よっぽどの数の人類を殺戮しています。

たった一本で中毒になってしまい、強烈な依存性があり
生活にも悪い影響が出てしまうのがタバコです。

そしてじわじわと人間の体を蝕み、死に至ります。
これって立派な麻薬です。

タバコは麻薬なのか?

タバコは麻薬です。ただ日本が法律で認めているというだけの麻薬です。

例えば、東南アジアとかのよその国では、街中で大麻を平気で吸っています。

日本人からすればギョッとすると思います。

「日本なら、犯罪だよ!やめなよ!」ときっとヒヤヒヤすると思います。

ですがただそれだけなんです。

日本という国は、タバコというキケンな麻薬をなぜか法律で認めているだけ
という話です。

戦時中の日本でも、覚せい剤は認められていたいました。
”ヒロポン”って聞いたことがあると思います。

普通の人たちが、現代でいうレッドブルや栄養ドリンクを飲むくらいの勢いで
ヒロポンをキメまくって元気になっていたみたいです。

ただそれが、少しアブなくてキケンだからといって
1951年に覚せい剤取締法が作られて逮捕されるようになっただけの話です。

ただ、なぜタバコも禁止にならなかったかというと難しい話だと思います。

おそらく1本吸ったくらいですぐに目に見えてキケンなわけではないからだと思います。

だから政府は、
「まあ、タバコくらいならヒロポンほど人様に迷惑かけなさそうだしいいだろう…」
くらいのノリで暴れたりしやすい薬物を取り締まる法律を作りました。

憶測ですが、タバコ製造会社と政府とのお金のからみもきっとあるはずです。

タバコを作りまくって人類をどっぷり中毒にすることによって
利益がガッポリ入って得する人間がいるということでしょう。

タバコは最も人類を殺戮している

WHOのタバコが原因で亡くなる人の最近のデータでは、
年間に全世界でおよそ600万人がタバコ関連で亡くなっているとされています。

日本でも年間13万人がタバコ関連で亡くなっているそうです。
(僕はデータはあまり好きではありません。
一応、参考程度にどのくらい亡くなっているのかを知ってほしいと思います。)

とにかくたくさんいるということです。

嗜好品なのに、気づかないうちに人類を大量に死に追いやっているものなんてあるのでしょうか。

日本の死因順位の真実…

現在、日本の死因第1位は「悪性新生物(ガン)」とされています。

肺炎は、第4位とか5位くらいをうろうろしています。

そしてその次に老衰がランクインします。
そして2位は心疾患、3位は脳血管疾患とされています。厚生労働省のデータです。

医療従事者やカンの鋭い人なら分かると思いますが、
ガンも心疾患も脳血管疾患も、すべてタバコによって悪化したり引き起こされるものがほとんどです。

なので、タバコ関連の死亡者はもっともっと潜んでいるはずなんです。

データの取り方にもよりますが肺がんなんかは戦前まではほとんどなかった病気のようです。

現在の死因1位〜5位のなかに「喫煙」という名前はノミネートされてはいませんが
その全ての病気のことをタバコがバックアップしている状態です。

こんなの、嗜好品でもなんでもありません。

真の意味で禁煙をするための正しいアプローチ

どうすればタバコをやめることができるのかというと、
その第一歩は「自分は薬物中毒だ」ということを素直に直視して認めることです。

タバコは依存性が高すぎて、人を緩やかに死に追いやる最悪な”麻薬”です。
嗜好品なんかではありません。

ただ国が認めているから合法的に吸えいるだけです。
覚せい剤よりも脱法ハーブよりも、
何よりも人類を死に追いやっている最悪の薬物です。
そんな最悪な薬物に自分は命を取られそうだ、
ということをしっかりと認めることから全ては始まります。

この事実を認めないと、タバコをやめるにあたっての適切な情報が頭に入ってこなくなってしまいます。

自分の弱みを認めて、心を解放して素直に正しい情報を受け入れることが何よりも大切です。

自分は地球史上最悪の薬物に犯されそうでコントロールできていないことを素直に認めて
真の意味でタバコから解放されるように適切な情報を得ていきましょう。

そしてこのサイトではその手助けをできることを約束しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、感想や意見をお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>