タバコをやめるのに理由は必要か?スモーカーがよく使う問答無用な理由集

理由
岡本です、

タバコをやめるのに理由が必要でしょうか?

今となっては、理由とかはいいから人類はとにかくタバコをやめろって
ついつい無責任に言ってしまいたくなります。

ノーリーズンです。ケムたくて人に迷惑だから理由なんか並べるよりも
いいからやめろって思ってしまいます。

「タバコをやめる理由がないんだよね!
お金も別にそこまで困ってないし、家族も了解してるし…」

禁煙しない理由を、こんなふうに説明したことありませんか?

喫煙者の頃は僕自身もこんな言い訳を言っていましたし
他人からこの言い訳を聞いたこともよくあります。

喫煙者は、理由がないとやめる必要がないと思っています。

理由がないとやめる必要はないのでしょうか?

答えはNOです。

そもそもあなたの身体は超猛毒な毒物を好き好んで摂取する理由は一つもないはずです。

理由がないからあえてやめないんではなくて、
薬物中毒としてタバコに依存しているからやめられないだけなのです。

タバコを吸う理由

では反対に、タバコを吸う理由はなんですか?ちょっと考えてみてください。

  • 美味しいから
  • リラックスできるから
  • 集中力がアップするから
  • イライラがおさまるから
  • ヒマだから


吸う理由はいっぱい出てきます。

ですが全てが問答無用な理由です。

実はあなたは、ただタバコを吸いたいだけなんです。

吸わざるを得ないから吸っているだけです。

理由なんてものはなく、ただタバコ依存だからタバコを摂取したいだけなんです。

タバコを吸わないとリラックスできないんだったら、
ノンスモーカーはみんなリラックスできていないことになります。

集中力も、イライラも、全て一緒です。

タバコを吸わないでイライラせずに穏やかな人なんていくらでもいます。
むしろタバコを吸う人の方が常にタバコが吸えなくてイライラソワソワしています。

だからタバコが集中力やリラックス効果をもたらせてくれるわけではありません。
喫煙は薬物依存だから、依存している人間が薬物を摂取しないと落ち着かないのも当然です。

「タバコを吸えばリラックスできる、集中できる…」は、すべてありもしない話です。

「タバコ依存だから、吸わないと落ち着いていられないから仕方なく吸うしかないんです」

が正しい理由です。

「やめる理由がない」のであれば最初から吸わなくても問題がないはずです。
つまり喫煙者のタバコを吸うための理由は、すべて問答無用ということです。

タバコを永久的にやめるには、まずはこの事実を素直に受け入れなければいけません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、感想や意見をお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>