タバコを吸う人は仕事もできる?タバコを吸う奴、デキるやつ、ワルいやつの関係

ワル
岡本です、

仕事がデキる人ほどスモーカーだという法則があるような気がしていました。

スモーカーは仕事がデキるやつも多い

タバコを吸う人って、仕事がデキる人が多いような気がしたことありませんか?今は吸わない人も多いのでその印象は薄まりましたが、少なくとも5〜10年くらい前まではそんな印象があったように思います。あくまで個人的なイメージであって申し訳ないのですが。

現実問題として、スモーカーで仕事はバリバリにデキる人はたくさんいるのは事実です。

あまりにもスモーカーで仕事がデキる人が多いので「タバコを吸うと仕事がデキるようになる」というバカな幻想も持ってしまう人間もいるかもしれません。少なくともひと昔前は「タバコ=カッコイイ」といったイメージがあったので、カッコイイ先輩や同級生に憧れてタバコを始めたなんて人もいるかもしれません。

しかし「スモーカー=デキる奴」というのは間違いです。
「スモーカー=デキる奴も多い」が適切な表現です。タバコを吸わないでも仕事がデキる人もいくらでもいます。

なぜデキるやつが多いのか

ではなぜスモーカーにデキるやつが多いようなイメージを持ってしまうのでしょうか。ちょっと僕なりに考えてみました。

1 学生にはタバコスパイラルが存在している

始めてのタバコを吸うのには、ある程度勇気がいります。極端に言えば、ビビリは吸おうとしないということです。(タバコを吸わない人はビビリだと言いたいわけではありません。)

学生の頃の背景で考えてみればわかりやすくなります。

いわゆるオタク系や、イケてない系はあまりタバコを吸おうとは考えません。周りの仲間にもタバコを吸う奴はいないので自然とタバコを吸う確率は減ります。しかし、イケてる系やワル系は周りにもタバコを吸う奴が多いので吸い始めるチャンスがかなりあります。つまり日本には、イケてる奴ほどタバコの罠にひっかかりやすいという良くないスパイラルが存在しています。

イケてる系やワル系の人間は積極性や行動力や自信がある人間が比較的多く、社会に出ても仕事がデキる奴が多いです。これが『スモーカー=デキる奴』という方程式を生み出している正体だと僕は考えています。

2 ワルい要素

日本においてタバコを吸う行為=「ちょいワル」的なイメージがありました。それは学生時代に特に根付いているような気がします。中高生がタバコを吸う=ヤンチャでカッコイイというイメージは確実にありました。僕も少しそんなことを意識しながら吸っていたような気がします。

僕がタバコを始めたきっかけもワルい友達からです。野球部の時の同級生のエースが僕をそそのかしてついつい好奇心から吸ってしまいました。マルボロメンソールライトでした。「マルメラうめー!」とかわざと略して言いまくっていました。そのエースは結構ヤンチャな方で学校でも階級がイケてるグループにカテゴライズされるようなやつでした 。

ワルい奴は、凡人のブレーキを外すこともできるし度胸があるのでデキる奴が多いです。タバコを吸う人はそうやって連鎖して生み出されています。

デキる男でも絶対に勝てないタバコのパワー

以上のように、仕事もデキて、学生の時にイケてる人間やワル系の人間ほどタバコを吸う確率が高いというのが僕の持論です。

積極性もあって行動力もあって好奇心も自信もあるような、一見強そうな人間ほどタバコのワナにひっかかりやすいということです。

しかしそんなデキる男達でも、強力なタバコの依存性には勝てないのです。

僕の職場に、一人のかなり仕事がデキる先輩がいます。
場の士気を高めてくれるような頼れる先輩です。若くしてけっこう高いポジションについていて、僕はその人のことを心の中で”リア充”って呼んでいます。その先輩が現在、リアルタイムでタバコをやめたくて苦しんでいます。

僕はゴールデンウイークに入る前に「禁煙セラピー」の書籍をその先輩に貸したり、僕自身がタバコを止めた時の経験などをシェアしていました。

そして休暇が明けたら、一度禁煙にチャレンジしたものの失敗してしまったようです。

「2週間くらい吸わなかったけど、親戚のおじさんに勧められてついつい吸ってしまった。」と嘆いていました。

めちゃめちゃ優秀で、仕事をバリバリこなすような立派な人ですらこんなことになってしまいます。「あの親戚のおじさんが悪い」と他人のせいにすらしてしまいます。

普段はなんでもこなせて仕事も捌きまくる人間が、ことタバコになると責任を他人に押し付けるようにすらなってしまいます。

タバコは、弱い人間だからやめられないのではないのです。どんなに強い人間でもタバコのパワーには負けてしまいます。タバコはモルヒネや覚せい剤と同じように、強力な薬物です。

強い人間だろうが弱い人間だろうが、真正面から意志のパワーで立ち向かっても勝ち目はありません。

タバコに対する洗脳をうまく外し、一生タバコを吸いたいと思わない状態にならないと勝ち目はないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よろしければ、感想や意見をお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>